1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』による、1億円の貯め方

www.shinchosha.co.jp

 井上氏の場合は、33歳で手取り22万円のサラリーマンで、妻はいますが子供はいないようです。
 就職直後から、世界経済の成長に連動するインデックスファンドに対し、毎月10万円の積み立て投資を始めたとのこと。
 就職直後の手取り額は、手取り22万円よりも少なかったでしょうから、収入から考えれば、かなり多めの投資金額ですが、節約生活が得意なので、気にならなかったそうです。
 独身寮に住んでいた私でも、ここまでは貯められていないので、このあたり、すごいと思います。

media.rakuten-sec.net

 ただ、私の場合も、自分でもかなりの節約家だと思いますし、妻にもよく言われますが、趣味など、使うところは使ってきました。

chotiku.hatenablog.com

 それがあるからこそ、働くモチベーションを、60歳まで保てたということもあります。
 ひたすら節約生活をして、お金だけを貯めていく生活というのは、とても真似できません。


 ジェイソン氏もそれに近いですが、彼の場合は、お笑い芸人やらIT企業の幹部やらと、仕事を楽しんでいるようで、それとは別に蓄財をしている感じです。


 これに対して井上氏は、会社に頼らない経済力を身に着けると決めたのは、交通事故にあってからで、そのときに既に2,000万円ほどの貯金があったということですので、根っから蓄財が好きなのだと思います。

media.rakuten-sec.net

 さて、井上氏の場合、運がよかったのが、投資開始直後にリーマンショックがあり、株価が凄まじく安かったことでしょう。
 その間に、かなりの金額を注ぎ込んでいたおかげで、トータルで高い利率を得ることができています。


 しかも、ただその時期に安かったというだけではなく、最初からそういう条件で始めたということが、さらに幸運でした。
 もっと前から、投資を始めていれば、あれほど下がっていく価格に、耐えられなかったのではないかと思うのです。 井上氏は、このようにして、1,500万円の元手に対して、3,600万円ほどのリターンを得たということでした。

 

 ですが、ここまできて、あれっと思ったのは、私だけでしょうか。

 この本の題名には、『1億円を貯められた』とあります。

 では、残りの6,400万円は?