1億円貯めて、会社を辞めました。

【毎日極楽】いかにして1億円を貯金し、60歳からの早期リタイアの日々を幸せに過ごしているか

風呂は、健康効果があるどころか、本当は害があるのではという仮説

 


 日本では、温めた湯に入る、入浴の効果が、あちこちで語られている。
 その最たる効果は、無重力に近い状態となり、かつ、満遍なく水圧をかけられることによって、リラックスして疲れが取れるというものである。
 身体の芯から温まることで、血行が良くなり、冷えが消えるというものもある。

www.city.osaka.lg.jp

 ところが、世界に目を向けると、実は、温めた湯に入っている民族は、そう多くはない。

ja.wikipedia.org

 テルマエ・ロマエヤマザキマリ作)によれば、現代日本人と古代ローマ人は、世界の歴史の中で、入浴好きの筆頭だそうだ。
 ということは、日本人は現代の世界で、最も入浴を好む民族ということになる。
 現代世界における、大半の人々は、湯に浸かるのではなく、湯をかぶるシャワーを使っているのだ。

 

 では、日本人は、入浴によって、世界の人々よりも、健康状態が格段に良くなっているのだろうか。
 とてもそうは思えない。
 どちらかと言えば、外国人に比べて、日本人の方がいつも疲れているという気がする。
 「疲れた」とか「肩がこった」とかは、しょっちゅう聞くし、街のあちこちに、これほどマッサージやら整体やらがあるのは、日本くらいではないだろうか。

 

 (実は、↑のあたりは、過去にも書いていたことを、後で気がついた)

chotiku.hatenablog.com

 ここからが、本稿のオリジナルな意見になる。

 

 入浴の習慣のない外国人に、無理やり入浴させても、あまりリラックスはしなさそうである。

 ということは、入浴の効果と称されているものは、単なる思い込みなのだろうか。
 だが、日本人であり、日常的な入浴習慣のある筆者の場合、入浴すると気分がリラックスし、疲れが取れているのは、間違いない。
 決して、単なる思い込みではないと思う。

 ということは、入浴を常日頃の習慣としている人だけが、入浴によって恩を蒙るということになる。


 話がいきなり飛ぶが、ここで筆者が連想したのが、煙草に含まれる、ニコチンの依存症だ。
 喫煙者は、煙草を吸わないでいると、ニコチンの禁断症状によって、集中力をなくし、イライラする。
 煙草を吸うと、ホッとしてリラックスし、集中力が戻ってくる。
 実は、ニコチンの禁断症状によって起きたマイナス分を、ニコチンを供給することによって取り戻しているだけなのだ。
 麻薬患者や、アルコール依存症と同じであって、決してニコチンがプラスに働いているわけではないのである。

chotiku.hatenablog.com

 入浴の習慣というのは、もしかすると、それと同じではないだろうか。
 普段から入浴をすることにより、我々の肉体と脳は、入浴が前提の状況に慣れきっている。
 そのため、1日でも風呂に入らないと、すごく落ち着かない気分になって、疲れてしまうのだ。
 入浴で疲れが取れるというのは、プラスの効果があるのではなく、入浴を抜いたことによる疲労感によるマイナス分を、取り戻しているだけなのではないだろうか。

 

 この仮説を、誰か、ちゃんと調べてくれないかと思っている。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ホテルの空調は、何とかしてもらいたい

 YAHOO個人ニュースに、下のような記事が出ていた。

 記事の著者である瀧澤信秋氏は、ホテル評論家だということだが、エアコン(冷風のみならず低い温度設定自体)が嫌いな筆者としては、よく言ってくれたという思いである。

news.yahoo.co.jp

 実際、ホテルのエアコンで、快適と思ったことがない。

 大抵は、ベッドの真上に室内機なり吹出口なりがついていて、冷風がまともにこちらにかかる。

 ベッドの真上になければ、テーブルに風が向いている。

 ネットをしたり、本を読んでいるときに、冷風が襲ってくる。

 以前、同記事に出てくるような、全館空調タイプで、壁に吹出口がついていて、どうしても冷風を止められないタイプの部屋に泊まったときは、妻が熱を出してしまったこともある。

 

 勿論、狭い部屋に泊まるからだと言われれば、その通りであって、数十平米もある部屋なら、何とでも調節できるのだろうが、そこはやはりお財布が許さない。

 おまけに、ホテルに泊まるときは、大抵が滞在型のリゾートで、1週間くらい泊まるものだから、余計に贅沢はできないのである。

 結局、同記事の著者がやっているように、吹出口にバスタオルなり何なりを、かけることになる。

 著者は、ホテルに許可を得ているようだが、筆者は面倒なので、そこまでしていない。

 客室清掃の前に、タオルを外すのが面倒だが、具合が悪くなることを考えれば、そんなことは言っていられない。

 本当に、ホテルの空調は、何とかしてもらいたいものだ。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

日本における、プロ野球ファンの執念の凄まじさ

 先日のブログで、我が家で定期購読している新聞のスポーツ欄が、野球(特にプロ野球)の記事ばかりだという話を書いた。

chotiku.hatenablog.com

 取り上げた日は、スポーツ欄が2面あり、その中で、プロ野球とその他の野球を合わせた記事の面積が、51%となっていた。
 さて、新聞には、スポーツ欄が1面の日と、2面の日がある。
 スポーツ欄が1面の日はどうなのかと思い、調べてみた。


 最初の予測としては、その他のスポーツはそれほど減らせないだろうから、野球が多少遠慮がちになって、40%くらいになるのではないかと考えていた。
 ところが、結果は、何と逆だった。
 下のグラフからわかるように、プロ野球が43%、野球が17%と合わせて60%となり、野球全体で、10%も増えているのである。

 考えてみれば、新聞の誌面は、限られたマーケットの取り合いである。
 スポーツ欄が2面から1面になったということは、マーケットが縮小したということになる。
 このような場合、シェア縮小の影響をより受けるのは、元々シェアが大きかった大企業ではなく、弱小企業なのだ。
 大企業は、売上の減少を少しでもカバーするため、それまで相手にしなかったような、小さな商談まで奪いにくる。
 その割を食って、弱小企業は、よりシェアを落としてしまう。

 この理屈が、スポーツ欄の面積にも適用されたというわけである

 

 では、プロ野球の試合のなかった翌日は、どうなのか。
 さすがに、プロ野球の記事は殆どないだろうと思ったら、これも予測が外れた。


 何と、プロ野球が他の野球よりも多くて10%、野球が9%で、合わせて19%と、誌面の5分の1を占めている。
 サッカーは、J2だったこともあり、わずか2%、その他が79%である。


 では、プロ野球の試合のなかった翌日に、どんな記事を載せたのだろうか。
 何と、前日の新聞に載せきれなかった(のだろう)、前々日の試合における、出場選手全員の個人成績(例えば打者では、打数、安打数、得点、現在の本塁打数、現在の打率等)なのだ(下は例である)。

https://npb.jp/bis/2022/games/s2022032600585.html

 

 これには、驚いた。
 スポーツ新聞でもないのに、前々日の個人成績を、しかもスポーツ誌面の10%を割いて載せるとは。
 ここまでやるということは、載せないと、熱心なファンから文句が来るということではないかと思う。

 毎日、個人成績を個人成績をスクラップブックにでも貼りつけているのかもしれない。


 ただ、上のURLでもわかるように、今の時代、野球の個人成績など、ネットを使えば、いくらでも手に入る。
 それを、わざわざ新聞で読まなければならないということは、そのファンは、インターネットを使えないような人たちではないだろうか。

 今やそういう人たちが、紙の新聞の、購読者の主流を占めているのだろう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

野球でも政治の世界でも、忖度が支配するニッポン

 ちなみに、王氏の国籍は、中華民国であって、日本ではない。

ja.wikipedia.org

 さて、若菜氏が指示をしたミーティングには、ダイエーの監督である王氏は、出席していなかったらしい。
 もちろん、王氏は「敬遠しろ」とは、若菜氏に命じてはいないだろう。
 若菜氏も、ダイレクトに「敬遠しろ」とは、言ってはおらず、「積極的になるな」という、曖昧な言い回しをしている。
「言わなくても、わかっているよな」という、意図が窺われる。


 これこそ、日本の美しい伝統、「忖度」である。
 若菜氏が、王氏の意向を「忖度」し、バッテリーは、若菜氏の意向を「忖度」した形になる。

 誰も、「敬遠しろ」と、直接は指示していないのだから、法律では罪に問われることはない(但し、暴力団を除く)。


 安倍首相の意志を忖度し、言われる前に動いた、官僚や子分の政治家が、罪に問われないのと、同じである。
 とはいえ、スポーツの世界ではさすがに問題になり、コミッショナーからも注意を受け、若菜氏は、この件の責任を取って、ダイエーコーチを退任した。
 勿論、王氏には何のお咎めもない。

 

 さて、「忖度親分」安倍氏国葬を前に、半旗掲揚をするかどうか、迷っている自治体が増えているらしい。
 国から、表立って命令することはできないが、「政権の意図を察しろ」という、無言の圧力がかかっているのは、確かである。
 言うなれば、政権に対する忠誠度の、踏み絵を迫られていることになる。


 今後も、自民党の「忖度」政治が続くのか、それとも、旧統一教会事件で晩節を汚した安倍氏から、離れようとする自浄作用が働くのか、注目ではある。

news.yahoo.co.jp

村上宗隆選手は、敬遠に負けず、本塁打記録を更新することができるか

 日本のプロ野球における、シーズン本塁打の最多記録は、元ヤクルトのバレンティン選手が2013年に記録した60号で、日本選手の最高は、元巨人の王貞治選手の55号である。

https://npb.jp/bis/history/ssb_hr.html


 先日、ヤクルトの村上宗隆選手が、日本選手最多タイとなるシーズン55号を記録したが、その後、王氏の記録を抜けるかというところで、足踏みをしているらしい。
 足踏みの原因には、敬遠がある。
 打つ気満々で打席に立ったところに敬遠されると、どうしても集中力が削がれ、次の打席にも影響するらしい。

www.sponichi.co.jp

 敬遠が多いのは、大打者の証明でもあるが、日本の場合は、特有の事情がある。
 王氏の55号に近づくと、それまでとは比較にならないほど、敬遠が増えるのである。


 特に、バレンティン氏が記録を更新する前、王氏の記録が、そのまま日本記録だった時代は、ひどかった。
 日本人で、王氏の記録に近づく選手はいなかったから、敬遠されるのはすべて外人選手である。

 そのことが、「ガイジンに、日本の誇る王氏の記録を抜かれるのは恥」という雰囲気を作りだし、どの投手も勝負を避けた。

 タフィ・ローズ(55本)、アレックス・カブレラ(55本)、ランディ・バース(54本)の各選手が、王氏の記録に並んだり迫ったりしたが、敬遠攻めにされ、どうしても抜くことはできなかった。

full-count.jp

 特に、ローズ氏が55号を打って王氏に並んだ際に、対戦相手のダイエーの監督は、その王氏だった。
 ダイエーのバッテリーコーチだった若菜氏は、試合前のミーティングで、「(王監督の記録を)外国人に抜かれるのは嫌だ。ローズに積極的になるな」と、暗に敬遠を指示したと言われている。

 結局、バッテリーは、ローズ氏に対して、全18球中、僅か2球だけしかストライクを投じず、ホームランの日本記録が更新されることはなかった。 

ja.wikipedia.org

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

「○億儲けた」に引っかかる人は、カモの素質充分である


「カモのネギには毒がある 加茂教授の人間経済学講義(甲斐谷忍著、集英社)」というマンガが面白い。

grandjump.shueisha.co.jp


 経済学の加茂教授が、人をカモにしようとしている連中を、退治していく話である。

 この著者らしく、相手の欲を利用して巧妙に誘導し、自分の思いどおりに操っていくところが、小気味よい。

 

 特に感心したのが、マルチを潰すべく参加した集会での、教授のセリフだ(第14講義「本物とニセモノ」)。
 教授は、1億が入ったトランクを、参加者に見せつけ、お金を稼ぐ手段を聞かれて、「本物を見つけてそれに投資しろ」と言う。
 そして、本物とニセモノの見分け方として、その人の自己アピールを聞くことを提案するのである。

 

教授>メジャーの大谷翔平や、iPS細胞の山中教授は本物だから、アピールは誰にでもわかりやすい
教授>ニセモノは、『何とかビジネス』とか、よくわからないことを言う。
教授>ビジネスの内容を突っ込まれないために、『今や○億稼いでいます』と言うのが常套句。

 

 確かに、あちこちのネットの記事やYouTubeで、「株で○億稼いだ」とか、「ブログで年収数億」とかいうアピールが溢れている。
 教授のセリフを聞けば、そういう連中が、いかにも薄っぺらく見えてくる。

 

 ここまで書いて気づいたのだが、考えてみれば、筆者も、1億円貯めたことを売りにしている。
 但し、「絶対儲かる」投資の話や、怪しげなビジネスの話はしないので、ブログを読んで、損をすることはないと思う。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

現代ビジネスのタイトルは、どこまで過激にエスカレートしていくのか

 さて、同サイトの刺激的なタイトルを並べてみた。


●「衝撃」
 残念ながら、タイトルだけを検索対象とすることはできないので、記事のタイトルと中の文章をまとめて検索できる全文検索で、「衝撃」と入れると、275ページが表示される。
 1ページに20の記事が出ているから、タイトル又は文章の中に、「衝撃」と入っているものを合わせると、5,500件あることになる。


 その中から、タイトルに「衝撃」と入っているものを、抜き出してみる。

 いくら筆者がリタイヤして暇でも、全部数えていては身が保たない。

 そこで、25ページごとに計11ページを抽出し、タイトルに「衝撃」が入っているものを数えた。
 結果は、5+4+2+3+1+1+1+1+1+1+0=20件あった。


 25ページごとに20件だから、20*25=約500件のタイトルに、「衝撃」が入っていることになる。
 6.3万件の記事に対して500件だから、500/63000=0.0079、ほぼ1.7%(59件に1件)になる。
 3ページ分の記事を見ると、1件はタイトルに「衝撃」が入っているということだ。
 さすがにちょっと、使い過ぎではないだろうか。

 

●「残念」
 「残念」という言葉も、よく使われているような印象があった。
 但し、記事としては285ページが検索されるが、タイトルとしては、10ページを選んでも7件しかなく、さほど使われていないようだ。
 2+1+1+0+0+0+2+1+0+0=7

 

●「末路」
 これが、かなり多い。
 記事とタイトル合わせて26ページ(520件)しかないにも拘わらず、10ページを抽出しただけで、9+8+5+6+14+13+13+9+4+2=83件がヒットした。
 全部で、83*2.6=215件も、タイトルに使われている。

 確かに、「末路」と聞くと、さぞかしひどい目に合ったのだろうと、ついついクリックしてしまいそうになる。

 だが、前述したように、実際には、あまり大した末路には至っていない。

 

●「すぎる」
 これは名詞ではなく、「ヤバすぎる」、「危険すぎる」、「深刻すぎる」といった、修飾語的に使われている。
 記事とタイトル合わせて898ページが検索され、かなり使われていることがわかる。

 90ページおきに、10ページ分のタイトルをカウントしてみたところ、6+6+7+8+0+1+1+1+0=36件が抽出された。
 即ち、36*90=3240件に、タイトルとして使われていることになる。

 6.3万件の記事に対して3240件だから、3240/63000=0.051、5.1%(19件に1件)になり、かなり多いことがわかる。

 

 しかも、直近10ページについてカウントすると、8+9+3+7+9+13+10+11+11+11=92件となる。
 6.3万件の記事に対して、92*90=8280件だから13%、7.6件に1件のタイトルに、「すぎる」という文字が入っていることになる。

 まさに、使い「すぎ」である。

 

 一時、美人過ぎる○○というのが、爆発的に流行り、その後、セクハラだということで、激減した。
 だが、現代ビジネスのタイトルには、延々と生き残っているということだ。

 そういうのを好む層を、読者として設定しているのだろう。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 定年後の暮らしへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ