1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

結婚して、かえって金遣いが荒くなった。

f:id:raku_inkyo:20211127111922j:plain

 初めて海外旅行をしたときは、まだ1ドルが200円くらいの時代だったと記憶しています。
 それでも、以前に比べれば随分安くなったと、気が大きくなって、色々と買い物をしました。


 その後、年に1回は、海外に出かけていました。
 これ以外にも、国内旅行にはしょっちゅう行っており、年末年始、G/W、お盆休みは、すべて1週間程度の旅行に費やしています。


 ところが、30代に入ると、親を含む回りから、結婚の圧力が高くなってきました。
 今では考えられませんが、男は年越し蕎麦と言われ、31歳までに結婚しないと、どこかおかしいのではといわれた時代です。


 結婚しない男は、責任感がないから、大事な仕事も任せられないという話もありました。
 ちなみに、女性はもっとひどくて、クリスマスケーキと呼ばれ、25歳が結婚のリミットとされていました。


 ですが、恋愛のチャンスもなく、何よりも、結婚するとせっかく稼いだお金を好きに使えないことから、積極的に婚活(こんな言葉はありませんでしたが)する気もありませんでした。
 このまま、一生独身でいるのだろうと、何となく思っていた頃、縁があって妻と出会い、結婚しました。


 結婚の決め手は、趣味が同じ旅行で、しかも、総合職で共稼ぎ希望だったこと。
 しかも、私よりも給与が(かなり)高い!
 つまり、結婚したからといって、お金の使い方をセーブしなくていいのです。


 実際に、結婚してからは、二人して稼いでいるものですから、金遣いはかえって荒くなりました。
 妻の方は、それまでに結構遊んでいて、お金の使い方を知っていたのです。
 その代わり、貯金は私よりも少なかったのですが……。


 まずは、しょっちゅう、飲みに出かけるようになりました。
 そして、上等な料理を、食べに行くようにもなりました。
 旅行に行ったときも、泊まるホテルのランクが、上になってきました。


 男一人だと、こうはいきません。