1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

当然、日々の貯金も、しなくちゃいけない。でも、どうやって?

f:id:raku_inkyo:20220118083106j:plain

 このブログタイトルは、「1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。」となっています。


 横道にそれることもありますが、平サラリーマンだった私が、どうやって1億円を貯めたかを説明する内容が、メインとなっています。


 1)天引き預金をして降ろさない。2)共稼ぎをする。というやり方で、達成したのは、これまで書いてきた通りです。


 これらの貯金は、マイホームを買うとき以外は、殆ど降ろしていません。

 

 従って、海外旅行に行ったり、を買ったりするときのために、別に貯金をしなければなりませんでした。

 

 ローンなど、先に使ってから貯めるという考え方は、「やってはいけない」というのは、説明した通りです。

 

 私の場合は、賞与残業手当の一部を、こちらに回しました。

 

 ですが、時代は変わってきています

 

 かつては、賞与残業手当も、ほぼ計算できるものでしたが、今後はそうもいかなくなってきました。

 

 コロナの前から、企業は、業績をより厳しく反映した、賃金体系になっていました。

 

 かつて、年功序列右上がりだった給与は、今や、出世しない限り上がらなくなっています(公務員を除く)。

 

 業績良くなったときだけ賞与を上げることによって、社員に利益を還元し、悪くなると遠慮なく下げてきます

 

 それが、コロナでいっそう顕著になりました。

 

 加えて、働き方改革などもあり、残業手当も、どんどん減らされていく傾向にあります。

 

 では、どうすれば貯金ができるか

 

 何度も言うように、余ったお金を貯金するというのは、不可能です。

 

 お金あっただけ使うもので、まず余らないからです。

 

 また、闇雲に節約しようとしても、ある程度固まったライフスタイルが、それを許してくれません。

 

 かえってストレスが溜まり、その解消のために浪費をするといった、悪循環に陥りかねません。

 

 このジレンマを解決する手段として、「消費税分を貯金する」というイデアを考えてみました。

(この項続きます)