1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

男女の違いよりも、性格の違いの方が大きい

f:id:raku_inkyo:20220102094243j:plain

 脳に関して、さまざまな神話がはびこっているという話は、脳科学者の中野信子さんも、書いてらっしゃいます。

logmi.jp
 例えば、男と女の違いで、一番よく言われるのが、女性は同意がほしくて、男性は解決がほしくて会話をするということです。
 
 ですが、本当にそうでしょうか。
 男だって、酒を飲みながら、しょっちゅう愚痴をこぼしています。
 そのときに、「お前が悪い。こうすればよかったんだ」と言われたら、ムッとくるでしょう。
 「そうだよなあ、あの課長、ひどいよなあ」と言ってほしくないでしょうか。
 
 女はよく喋ると言われますが、男も酒を飲むと、よく喋ります。
 私の知り合いなどは、酒が一滴も飲めませんが、放っておくと延々と喋り続けます。
 
 しかも、同じことを何度も繰り返してです。
 喋ることが、ストレスの解消になっているからで、それは、男も女も変わりません。
 
 妻は、下らないことをいつまでも覚えていて、夫がとっくに忘れた頃にそれを持ち出すと言いますが、それは女だからではありません。
 
 夫が、妻にしたことを覚えていないのは、一つには加害者だからです。
 もう一つには、家庭内のことは、下らないことだと思って、まったく頭に残っていないからに過ぎません。
 
 女だけが、昔のことをいつまでもぐずぐず言い、男はさっぱりと忘れるなどということは、有り得ません。
 歴史を学べば、小さな恨みを忘れず、最後に復讐を遂げた男の話は、いくらでも載っています。
 
 男でも女でも、何かされたら、ずっとそれを覚え続け、相手に報いる機会を伺うたちの人は、いくらでもいます。
 それは、性別ではなく、その人の性格です。
 
 会社でも、誰それが挨拶をしなかったとか、年下なのに言葉遣いが生意気だとか、延々と覚えていて、いざ権力を握ったら、その恨みを晴らすなどいうことは、いくらでもあります。 
(まだ、もう少し続きます)