1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

資産の3分の2は、不動産投資(『33歳で手取り22万円の僕が1億円を貯められた理由』)


 あとの6,400万円は、どうやって貯めたかのだろうと思っていたら、本の後半にあるように、不動産投資で稼いだそうです。

media.rakuten-sec.net

 本では、かなり簡単に流してありますが、1億円の資産のうち、こちらがメインです。
 しかも、金融投資で儲けたお金を不動産に注ぎ込んだのではなく、親戚などからお金を借りて始めたとのこと。


 本人もインタビューで語っているように、不動産投資というのは、かなりの勉強をして、やっと元が取れる種類の投資です。
 預けておけば、資産がじわりと増えていくインデックスファンドとは、全く性質が違っており、素人がおいそれと、手が出せるような代物ではありません。

 スルガ銀行の不正融資問題を見ても、私などは、「不動産」と聞いただけで怖くて、話も聞く気になれません。

 加えて、6,400万円という資産の見積も、「計算通り不動産資産を売却できれば」という条件付なので、この先どうなるかというのが、不安材料ではあります。

uchicomi.com

 なので、本当に、思いきったことをしたものだなあと、思います。

 短期で1億円も稼ぐには、やはりちまちま貯めていては、追いつかないようです。


 ただ、井上氏の資産形成は、絶対確実な給与と、ローリスクローリターンのインデックスファンドと、ハイリスクハイリターンの不動産投資で成り立っているわけで、リスク分散という意味でも、非常にバランスがいいと思いました。

 

 尚、本稿を書くにあたり、下のブログまでは読んでおりません。

 重複したり、間違っているところがあれば、ごめんなさい。

inoue-hajime.com