1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

何をするにも、道具は大事(物干ハンガー編)

item.rakuten.co.jp 家事に限りませんが、作業には使う道具が大事です。
 道具一つで、面倒で嫌な家事も、結構楽になったりします。


 洗濯の場合、洗う行為そのものよりも、干したり取り入れたりの方が、面倒だったりします。
 前述したように、うちは、洗濯物を畳まないというのもありますが……。


 その点、妻が買ってきた、この引っ張リンガーという洗濯用ハンガーは、優れモノでした。

 ハンガーに取り付けるときは普通ですが、外すのがすごく楽なのです。


 ピンチ(洗濯バサミ)の先端にコロがついていて、回転するようになっているので、洗濯物を外すときに、ピンチに引っかかりません。
 軽く引っ張るだけで、洗濯物がスルッと抜けます。


 ちなみに、動画でやっているように、洗濯物すべてを引っ張って、一気に外すというのは、繊維が引っかかることもあるので、ほとんどやりません。
 雨が降ってきて、急に取り入れる時に、非常手段として使うくらいです。


 ですが、ハンカチなどの小さなもの2,3枚なら、問題なく外せます。
 デリケートな洗濯物は、ピンチを少し開いてから外すようにしていますが、それでも、段違いに楽に外れます。


 実際に使っているときは、さほど便利とも思わなかったのですが、違いを痛感したのは、他のところで通常のピンチを使って干したときでした。


 ピンチをしっかりで開かないと、すぐに洗濯物が引っかかってしまうのです。
 もう、ストレスが、全然違いました。


 また、紫外線吸収剤と強化剤が、練り込まれているというのも、本当のようです。
 少なくとも、保証期間の15年は、雨晒し状態でも、何の問題もなく使えています。


 我が家では、旧タイプと新タイプの2台を使っていますが、新タイプで15年、旧タイプは、既に25年くらいは使っています。
 白い粉も吹きませんし、もちろん、どこかが折れるということもありません。


 市販の他の製品に比べると、少々高いかもしれませんが、それ以上の価値があると思います。


 というわけで、家事に限りませんが、何をするにも道具は大事という話でした。