1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

洗濯は、なかなか楽しい

f:id:raku_inkyo:20211211105611j:plain

 受け持ちの家事の中で、一番楽だと思ったのが、洗濯でした。


 まず、大学時代から一人暮らしをしていたので、洗濯は自分でもやっていたというのが、一番大きな点です。

 しかも、当時は二槽式洗濯機だったのが、全自動になって、かなり楽になりました。


 次に、考えなければならないことの多い、食事の支度などと違って、洗濯物の山を見れば、何をすればいいかが一目でわかります。
 食器洗いにも言えますが、問題点が明らかになっていて、目の前のことさえ片付ければいいというのは、家事に慣れていない人間にとって、大きなメリットです。


 最近では、課題の見える化・可視化などとも言うようです。


 また、これは私だけかもしれませんが、洗濯物を、天気のいい日に干していると、結構、いい気分になってきます。


 乾燥機もありましたが、雨が続いたとき以外は、殆ど使いませんでした。
 電気を使って、わざわざ洗濯物を乾かすというのが、どうにも環境的に我慢できなかったからです。


 外に干すことで、家の中だけで作業が完結せず、気分が変わるというのが、大きいかもしれません。


 それに、うちの妻が、結構大ざっぱな人間で、取り入れたものを畳まずにタンスにしまっても、文句を言わなかったというのも、気楽でした。
 白い物と色物を、分けて洗っただけで、感心されたほどです。


 会社の仕事でも何でもそうですが、言われてやって後で注文をつけられるのと、裁量を預けられて創意工夫を発揮できるのとでは、モチベーションに大きな差が出ます。

 夫が家事をしないとお悩みの方、そのあたりを上手に持っていくと、色々とやってくれるようになるかもしれません。

 

 もちろん、全くやる気がない相手の場合、それでうまくゆくとは限りませんが……。