1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

座ってばかりだと、健康に悪いらしい

f:id:raku_inkyo:20220131192306j:plain

 最近、座り仕事の弊害が、取り沙汰されています。


 特に日本人は、平日座位時間(座っている時間)が、世界で一番多いそうです。

 

 一日あたり、7時間にも上り、世界平均5時間よりも、2時間も多いのだとか。

www.bauhutte.jp

 これが、肥満、糖尿病、高血圧、癌、認知能力の低下などの、健康リスクに繋がるということです。

 


 それでも、日本人平均寿命は、世界トップクラスに長いのですから、さらに座位時間短くしたらどうなるのでしょう。

 

 根拠のない予想ですが、寿命のほうは、あまり延びず、代わりに、健康寿命が延びるのではないかと思っています。

www.satsuki-jutaku.jp

 

 それやこれやで、自分のことも、心配になりました。


 会社でも、座位時間は長かったですが、退職して、しかもコロナ大半時間家で過ごすようになり、どう考えても平均よりは多そうです。

 

 せっかく、働かなくてもいいほどのお金を貯めて、早目定年を迎えたわけなので、健康寿命を、少しでも延ばしたいところです。

 


 そこで、ストップウォッチを使って、正味の座位時間を測ってみたところ、結果は、想像以上に悪いものでした。


 なるべく、座りっぱなしにならないように気をつけたというのに、座位時間は、何と9時間にも及んだのです。

(この項、続きます)