1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

【政治】岸田政権の行方は、コロナ次第

f:id:raku_inkyo:20220226083444j:plain

 安倍首相の後を継いだ菅首相も、前政権負の遺産払拭できず、コロナ対策では下手を打ちました。

 


 有効対策は、ワクチン接種以外にないと、一国首相製薬会社に出向いてげてまで、ワクチン獲得し、一斉接種邁進したところまでは、素晴らしかったと思います。


 ですが、安倍元首相が、東京オリンピック1年延期約束してしまったため、ワクチン間に合わず緊急事態宣言の中、7月オリンピック強行開催する羽目になりました。

 


 案の定、第5波感染者は、7月から一直線激増しました。

www3.nhk.or.jp

 それでも、PCR検査感染者用入院施設増加といった、医療体勢万全に整えておけば、ある程度の感染者が出ても、受け止めらたでしょう。


 ですが、上記のような医療体勢構築するには、時間予算必要であり、言ってすぐにできるものではありません。


 安倍政権のところでも触れたように、官僚命令しさえすれば、何でも解決すると思い込んでしまった弊害が、ここにも出てしまいました。

 


 自宅療養を強いられた患者に、死者が出るに至って、医療崩壊という、これまでの日本では、経験したことのない事態になったことを国民が感じ取り、菅政権は倒れました。


 政権使命である、「健康で文化的な最低限度の生活を国民に送らせること」が、できなくなったと、思われてしまったからです。


 岸田政権は、安倍・菅両政権を踏まないように、鎖国復活するなど、ひたすら安全運転を続け、第6波ピークアウトを待っています。


 まさに、「羹に懲りて膾を吹く(あつものにこりてなますをふく)」という、の通りですが、内向き指向日本人には合っているのか、比較的、高い支持率キープしています。


ただ、内閣メンバーを、かなり入れ替えたこともあって、ワクチン接種などの、コロナに対する積極的対策という点では、足踏みしている感があります。


 7月参議院選のときに、感染者数がどうなっているかで、岸田政権が続くかどうかが、決まりそうです。