1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

年金を、手取りの損得で考えるのが、間違いである理由(2)

gendai.ismedia.jp

 森永卓郎の記事を受けて、こちらでも検証してみました。

 


 単身世帯男性が、65歳厚生年金を受け取る場合を考えてみます。

 

 男性厚生年金平均が、月額14万6千円ですから、12倍して年間175万4千円


 この条件で世田谷区の場合、税・社会保険料負担年間17万1千円となるため、176万4千円から17万11千円を引いて、手取り年間159万3千円となります。


 65歳男性平均余命約20年ですから、この人が平均寿命の85歳まで生きた場合、159万3千円*20年で、約3186万円をもらうことになります。

www.mhlw.go.jp

 

 一方、75歳厚生年金受給を開始する場合、厚生年金84%増えますから、14万6千円*1.84で、月額26万8千円12倍して、年間の受給額は、322万3千円となります。


 ここから、税・社会保険料負担52万7千円を引くと、手取り年間269万円となります。


 これを、75歳から平均寿命の85歳まで10年もらうとすると、手取り総額は、約2690万円となります。

 

 65歳から受給を開始する場合が、3154万円でしたから、手取り総額は、464万円も少なくなります。

 


 このように、繰り下げ給付で、かえって手取りの総額が減ることがあるというのは、事実です。

 

 なので、経済状態によっては、早目に年金をもらい始めて、若いうちに贅沢しておくのも手ですよと言っているわけです。

(この項、続きます)