1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

(怒)消費税は、法人税と所得税の減収分を補填するために導入されたのか?

f:id:raku_inkyo:20220119085350g:plain

企業の法人税率の推移

 私の若い頃は、影も形もなかった消費税ですが、1989年3%で導入されて以来、橋本内閣で5%に、安倍内閣8%、さらに10%に引き上げられています。

ja.wikipedia.org

 一方で、企業の法人税は、延々と下がり続けています。

www.mof.go.jp

 また、1987年以前には75%だった、個人の所得税最高税率も、今や45%に引き下げられています。 kaminomigi.com  

 法人税所得税の減収分を、消費税で補っているようなものです。

 

 

 政府は、所得税最高税率を下げないと、稼いでも税金で持っていかれるので、労働意欲がなくなると主張しています。

 

 しかしながら、働き好きの日本人(特に経営者層)が、いくら税金で取られようと、働くのをセーブするでしょうか?

f:id:raku_inkyo:20220119090252j:plain

 

 また、高額税金を払わなければならないと、金持ちが日本から脱出するという珍説もありますが、それこそ有り得ません

 

 まず、彼ら/彼女らの大半は、英語が満足に話せません

 

 いくら周囲日本人で固めても、自分ではまともに何もできない生活は、満足できるものではないからです。

 


 また、コロナに対する対応などからもわかるように、日本に住むということは、お金に替えられないメリットがあります。

 

 安全ももちろんですし、生活の快適さは、お金があるからといって、そう簡単に得られるものではありません。

 

 お金と日本国籍を持っている人にとって、世界のどこに、日本以上に住みやすい国があるというのでしょう。

(話が、横道にそれてしまいました。この項、続きます)