1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

えっ! コロナのおかげで、2千万円問題が解決したって?

f:id:raku_inkyo:20211205091041j:plain

 共働きと男の家事について、もう少し、詳しく語るつもりでした。

 ですが、下の記事を見て、つい書かずにはいられなくなってしまいました。

gendai.ismedia.jp コロナ禍によって、高齢者がお金を使わなくなったために、家計から月5万円の赤字が消えたそうです。

 これによって、老後の家計が黒字になったため、2千万円の貯金も必要なくなったと言っています。

 しかも、今後もコロナを恐れて、高齢者は、ますますお金を使わなくなるため、不足がなくなるそうです。

 65歳を過ぎて70歳まで働けるようになることから、今後も、心配ないかのようなスタンスです。


 もっと過激なのは、しばらく前に出た、こちらの記事です。

 元々、2千万円問題なんてものは存在しなかったというのです。

president.jp

 政府は、少し余裕のある生活には、毎月26万円が必要と試算していました。

 ですが、年金の平均は20万円に過ぎません。

 だとすると、月々5.6万円が不足します。

 これが30年間で2千万円になるというのが、2千万円問題でした。

 ですが、著者によれば、26万円というのは、2千万円も貯金を持っている、贅沢な年寄りが使っている金額だというのです。

 節約すれば、20万円で充分暮らせるというのが、著者の主張です。

 ちなみに、別記事では、「夫婦の毎月の食費は、3万5千円でやっていける」と言ってのけた方です。

 

 どちらの記事も、2千万円問題というのは、統計から出てくる数字だけの問題だという言い分です。

 論拠として、去年の家計が黒字になったことを挙げています。


 ですが、コロナという異常な状況が、今後も続くという根拠は、全くありません。

 自粛や消費控えという、2,3年間のデータに基づいて、将来の貯金や生活設計を、決めてしまってもいいのでしょうか。


(この項、続きます)