1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

降ろせない専用口座で、ひたすら貯める

f:id:raku_inkyo:20211124114625j:plain


 さて、売り手が、お金をいかに使わせようかと知恵を絞っている中、こちらとしても、老後のために貯めたお金を守る「第2の仕組み」を構築して、対抗しなければなりません。

 

 まず、最初にすべきことは、老後資金のための、専用口座を作ることです。
 この専用口座に、給与と賞与のうち、何割かを天引きしていきます。

 

 大事なことは、天変地異や失職などで、どうしてもお金が必要な場合以外は、専用口座から、1円たりともお金を降ろさないことです。


 ATMで降ろすことはもちろん、クレジットカードや公共料金の引き落としも、ここから行なってはいけません。

 ついついやってしまいそうなのが、住宅購入のための頭金やローンの支払いですが、これも同じです。

 家を買った結果、老後資金がなくなっては、何にもならないからです。


 これを、定年まで守るのです。

 

 専用口座としては、会社に、社内預金のような制度があれば、それを使うのがいいでしょう。
 一般財形貯蓄を利用するのも、一つの手だと思います。

 尚、住宅財形は、住宅を買うためにしか使えませんので、この用途には向きません。


 社内預金も一般財形もなければ、給与と賞与を複数の銀行口座に振り込むようにしてもらい、1つを専用口座とするしかないでしょう。
 ただし、その銀行口座には、キャッシュカードを作らないようにして、ハンコと通帳を、銀行に持っていかないと、お金を降ろせないようにしておきます。

 

 給与の振込先として、複数の口座を使えない場合は、少し厄介です。
 給与をもらったら、必ずその日にお金を降ろして、自分で専用口座に振り込む手段もありますが、これには、とんでもなく強固な意志が必要です。


 それよりは、専用口座を給料口座と別の銀行に作り、給料日かその翌日に、給料口座から定額を振り込む手続きをしておく方が、確実です。
 1回の振込みのたびに、数百円程度の手数料を取られますが、これは必要経費と考えるしかありません。