1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

年金制度が破綻するなんて、誰が言った?

f:id:raku_inkyo:20211116162518j:plain


 ところで、一時、世の中では、年金はあてにならないという風潮がありました。


 日本の少子化と、低い経済成長という状況を考えれば、近い将来、年金制度が破綻するというのです。

 なので、国の年金はあてにせず(下手をすると、国民年金の保険料も納めず)、個人年金などのさまざまな金融商品を、積み立てるべきだという論法でした。

 

 ですが、少しだけ冷静になって考えてみて下さい。

 年金制度が破綻するというのは、日本の経済が、ほぼ無茶苦茶になった状態です。
 そんなことになったら、個人年金を取り扱う民間の金融会社は、軒並み潰れていると思いませんか。

 国の年金制度が潰れても、個人年金だけが生き残っていると思う、根拠は何でしょうか。


 確かにこの先、受給額は減るかもしれません。

 受給の開始年齢も、現在の65歳から70歳にする準備が、着々と進んでいます。


 しかしながら、それが、即破綻ではありません。

 破綻することを前提に、老後を考えるのは、あまりに危険です。

 

 個人年金に入るのが悪いとはいいませんが、老後の生活設計は、自分の貯金と国の年金をこそ、中心に据えるべきでしょう。

 そして、個人年金の方は、あると嬉しい小遣い程度に留めておくのが、堅実なやり方だと思います。