1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

いくら収入を増やしても、年金は増えない

f:id:raku_inkyo:20211116162624j:plain


 2021-11-01に、現役時代の収入が高いからといって、年金は思ったほどもらえないという話を書きました。

 

 これに関して、次のような記事が、東洋経済オンラインに出ていたので、紹介します。

toyokeizai.net

 こちらでは、手取り給与が35万7千円のAさんと、手取り給与がその半分の17万9千であるBさんをモデルにしています。
 それぞれが、現役時代に支払う負担額と、定年後にもらえる受給額は、いくらになるかという話です。


 単純に考えれば、AさんはBさんの2倍の収入があるのですから、年金負担額は2倍になり、受給額も2倍になると思えます。
 ところが実際には、年金負担額は確かに2倍になるにもかかわらず、受給額は、25%増しにしかならないのだそうです。


 私も正直、これほど差がないとは思っていませんでした。

 

 これからわかることは、いくら年収を増やしても、負担額が増えるばかりで、受給額は、思った以上に増えないということです。


 夫だけが働いている場合、年収を2倍に増やすのは、容易なことではありません。
 これに対して、専業主婦だった妻に働いてもらえば、働いただけ年金の受給額が増えます。
 働く妻が、夫の半分の給与しかもらえなかったとしても、夫の2割近い年金をもらうことができるのです。