1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

年金を増やすための、冴えたやり方

 貯金がない場合は、65歳を過ぎても働かなくてはならないという、かなり厳しい状況を補うための手段が、「2)共稼ぎ」です。

 前述したように、妻が専業主婦の場合の、夫婦の平均的な年金受給額は、240万円でした。一方、女性の厚生年金の平均支給額は10万円ですから、妻が働いた場合、年金が月に4万円増え、夫婦で約290万円になるという試算をしました。


 尚、下の記事によれば、どちらももう少し多めで、妻が専業主婦の場合260万円、共稼ぎが320万円だそうです。この場合、差額は60万円になります。

mponline.sbi-moneyplaza.co.jp

 このように、共働きをして二人で厚生年金をもらうことで、受給を5年間遅らせるのと、ほぼ同じ効果が生まれます。つまり、70歳まで繰り下げ受給をするとしても、無収入の期間がなくなり、貯金を減らさずにすみます。

 加えて、共稼ぎによって、貯金も増えます。場合によっては、70歳ではなく75歳まで繰り下げ受給をする余裕も出てきます。