1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

【コロナ】日本人は、コロナのためならどこまで我慢するか

f:id:raku_inkyo:20220301074234j:plain

 前日西洋人は、コロナにかかる危険性があっても、なかなかマスクをしないという記事を書きました。chotiku.hatenablog.com

 

 翻って日本人の場合、マスクにはあまり抵抗がありません。

 そのため、西洋人が、マスクをそこまで心理が、どうもピンときません。

 加えて、コロナ予防のためとあらば、マスクを上回るような、かなりなことでも、我慢しそうな気がします。

 

 では、見方を変えて、日本人は、どんなことを強要されれば、拒絶するでしょう。

 西洋人マスクに対する強烈忌避感が、日本人にとって、どんな心理相当するが想像できれば、西洋人心理理解できるかもしれません。

 

 例えば日本人は、相手から表情を読み取るため、が見えないと不安定気分になるらしく、サングラス忌避感を持っています。

 常時、サングラスをしているのは、紫外線対策や、視力が弱いといった、やむを得ない理由でなければ、その筋の人判断されかねません。

www.9630.co.jp

 

 しかしながら、コロナ予防のためにサングラス有効とわかれば、殆どの人が、サングラスを嫌がらないで着けるのではないでしょうか。

 だとすると、日本人にとってのサングラスは、西洋人にとってのマスクほど、抵抗感のあるものではなさそうです。


 これが、刺青であったらどうでしょう。

 特に、刺青をさせられるのであれば、さすがの日本人も、これには、拒否する人が多発しそうです。

 ですが、何しろ刺青は、一生続き、消すのは容易ではありません。

 家に帰れば、外せるマスクとは重みが違い、比較すること自体、無理がありそうです。

 

 だとすると、簡単取れるものとして、なら口紅あたりが、適当かもしれません。

 もちろん、男性でも、口紅にさほど抵抗感がなかったり、口紅好きという人もいるでしょう。

 ですが、大多数男性は、口紅をしろと言われると、かなり抵抗感があるのではないでしょうか。

 コロナがうつらないためなら、口紅くらいは我慢する人もいるでしょうが、に帰れば、すぐに拭き取る人が多いでしょう。

 

 女性場合、最初はつけ髭坊主頭カツラなど考えてみましたが、ちょっとやり過ぎのような気がします。

 ノーメイクなんかが、相当するかもしれません。

 

 どれも、かなり極端ですが、これくらい考えて、やっと、西洋人があそこまでマスクを嫌う心理が、理解できてきました。

 

 それでも、日本人場合は、周囲の人が、一斉に同じことをすれば、みんな一緒ならという感じで、結局は我慢してしまいそうな気がします。

 ノーネクタイでも、最初は、「に出るような感じ」だと抵抗していましたが、すぐにで同じことを、やり始めましたから。