1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

【愛煙家に不都合な真実】タバコが、コロナ感染防止に効く…わけがない

f:id:raku_inkyo:20220209085749j:plain


 さて、喫煙正当化することを諦めない飯島氏は、次の手として、煙草が、コロナ感染防止に効くと言い出しました。

president.jp

 あちこちの論文を挙げて、その証拠にしていますが、「煙草を吸うと、コロナにかかりにくいが、一度感染したら重症化するというのは、常識的に考えて、おかしいと思わないのでしょうか。


 どうもこれらは、煙草会社からお金をもらった、御用学者が書いた論文のようで、どんどん取り下げられています。

http://www.jstc.or.jp/uploads/uploads/files/essay/20210618NICOCHIN.pdf

 

 

 下の養老氏も、喫煙擁護有名です。

www.j-cast.com

 しかしながら、何度も言いますが、煙草成年であれば、法律禁止された薬物ではありません。


 排泄トイレでするのが決まりのように、限られた喫煙所で、決められた時間に吸うのであれば、誰もここまで、目くじらを立てません。

 

 いつでもどこでも、見境いなしに吸う上、副流煙も顧みず、吸い殻始末もまともにしないから、どんどん立場が悪くなっていくのです。

 

 

 喫煙者がどう思おうと、現在日本は、海外に比べて、煙草規制はかなり状態です。

 

 両氏が言うように、喫煙者迫害されているなどというのは、依存症患者被害妄想に過ぎません。

 

 

 海外旅行に行ったとき、煙草パッケージを見て、ショックを受けました。

blog.livedoor.jp

 海外では、パッケージに、煙草画像表現することが強制されています。

news.yahoo.co.jp  日本もこのようになると、困るのは喫煙者自身のはずです。

 

 おまけに、なまじっか立場があっての知れた人が、のように科学的に間違ったことを声高に唱えます。

 

 本人は、気持ちがいいかもしれませんが、他の喫煙者の方々は、どうでしょう。

 

 「よく言ってくれた」と溜飲を下げるよりも、「わざわざ平地に乱を起こして、ますます肩身が狭くなるより、ひっそりとでいいから吸わせてくれよ」と思っているのではないでしょうか。

(長々と続きましたが、この項はここで終わりです)