1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

実際にやったこと

 では、私はどうやってお金を貯めたか。やったことは、次の2つだけです(最初の記事では3つと書きましたが、修正しました)。

 

1)給与の中から、毎月決まった額を天引き預金
 天引き預金の額は、可処分所得がそれほど増えないように、毎年増やしていく。ボーナスからも、毎月の数倍、天引きする。

 天引き貯金には、絶対に手をつけない。残ったお金の範囲で、自由に使う。

 

2)共働きをする。
 サラリーマンの生涯賃金が2億円とか言われる時代、1人で1億円を貯めるのは至難の業ですが、稼ぐ人が2人なら、何とかなります。

 

 あまりに地味で、当たり前だと思われるでしょう。ですが、実行するのは、それなりに大変でした。