1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

節約術の問題

 (2) ともかくケチケチして、百万とか1千万を貯めようという、節約術。

 

 (2)は、言っていることは正しいのですが、そのような本を読んでいると、気分が落ち込んで、目眩がしてきます。これはいらない、あれもいらないと、人生のすべてが、無駄の塊であるかのようです。


 モノがあふれ、それを何とかして買わせようと広告がひしめき合っているこの時代に、徹底的な吝嗇生活を貫くことは、ある意味、投資の成功者たちよりも、さらに特殊な才能が必要となりそうです。