1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

原子力発電所は、巨大な蒸気機関だった

f:id:raku_inkyo:20220302204402j:plain


 地球温暖化防止するには、どうしても、原子力発電を用いなければならないのではないかという意見が、EUなどからも出ているようです。

news.tv-asahi.co.jp

 個人的には、核のゴミ処理問題と、原子炉の安全問題解決できれば、原子力発電に含むところはありません。

 EUの場合は、堅固地盤があって、ゴミ処理目処がついており、また、地震津波も少ないため、安全性も、さほど問題視していないのかもしれません。
 ですが、日本ではどちらも解決見通しは全く立っておらず、温暖化対策原発をと、手放し推進するのは、無理がありそうです。


 ところで、一口に、原子力を使って発電すると言いますが、恥ずかしながら、筆者は、しばらく前まで、どんな仕組みになっているか、知りませんでした。

 筆者も、調べたことを話したら、「嘘だ」と笑って、しばらく信じてくれませんでした。

 

 原発は、原子炉内部で、ウランをゆっくりと核分裂させていますが、その目的は、単にを得ることなのです。

 効率的が得られさえすれば、核分裂でなくてもかまいません。

 そして、できたお湯沸騰させ、水蒸気の力で磁石を回して、発電を行なっているのです。

www.fepc.or.jp

 

 これは、300年前産業革命時に発明された、蒸気機関と全く同じ原理です。

 産業革命立役者の一人である、ジェームズ・ワット氏が、薬罐の蓋水蒸気で持ち上がるのを見て、蒸気機関発明したというが、子供の頃に読んだ偉人伝に載っていました。

 その頃から、燃料石炭石油ウランとなっただけで、原理蒸気機関のままなのです。

 最新技術である原子力発電が、実は蒸気機関だったというのは、ちょっとしたショックでした。

 

 しかも、発電機発明されたのも、200年も前です。

ja.wikipedia.org

 現代文明繁栄は、200年前と300年前の発明の上に、成り立っていたのです。

 

 ちなみに、蒸気機関発明したのはワット氏ではなく、ニューコメン氏であり、ワット氏はそれを改良したもので、薬罐は、作り話だそうです。

asait.world.coocan.jp