1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

原子力潜水艦は、実は蒸気で動く、ペリーの黒船だった

f:id:raku_inkyo:20220303210647j:plain

 原子力潜水艦も、当然というか、駆動力はやはり蒸気だそうです。
 発電所のように、発電機から電気発生させてモーターを回す場合と、蒸気の力で、スクリュー直接回す場合があるそうですが、蒸気を使っていることには、変わりありません。

ja.wikipedia.org

 幕末嘉永6年(1853年)アメリマシュー・カルブレイス・ペリーが、日本に来たときのも、蒸気船でした(4隻中2隻)。

ja.wikipedia.org

 1隻で、1国を滅ぼすことさえできると言われている原子力潜水艦が、今では時代遅れとなった、蒸気機関車蒸気船同じ仕組みで動いているというのも、何とも不思議な気がします。
 石炭を燃やすことで始まった蒸気機関が、原子力という熱源を得て、現代でも使えるような技術洗練されて、甦ったというところでしょうか。

 

 そう言えば、一時流行したSFに、「スチームパンク」というものがありました。

 スチームはもちろん蒸気現実世界における内燃機関存在せず、蒸気機関メイン動力源となっている世界をバックにした、空想科学小説です。

 

 蒸気機関といっても、現代のように発電をするのではなく、内燃機関代わりに、直接の動力源として使うことが大半です。

 ですから、やたら嵩張っており、蒸気を通すパイプなんかが、あちこちに飛び出していて、それで、現代技術達成しようとする、大げさな仕組みが受けたようです。

 

 H・G・ウェルズジュール・ヴェルヌ小説を、現代風に焼き直したような感じでしょうか。
 今後、温暖化問題から内燃機関が廃れ、蒸気機関が、再びメイン動力源になる世界が、来るかもしれません。