1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

オリンピックは、やりがい搾取?

f:id:raku_inkyo:20220218205407p:plain

 東京オリンピックは、コロナ騒ぎの中、本当にやるんだろうかと疑っている間に始まり、いつの間にか終わっていました。
 コロナで家に閉じ込められ、テレビに齧りついていた人もいるようですが、私は、殆ど見ませんでした。


 おかげで、誰が金メダルを取ったかも、よく知りません。
 史上最多の金メダルと、はしゃいでいますが、地元開催で、しかも他国の選手が、東京に来てから、殆ど練習できなかったという環境を考えれば、当然でしょう。


 そもそも、4年に1回しか開かれないオリンピックが、スポーツの最大の栄誉になること自体、おかしな話です。
 本当の勝負は、世界選手権にして、オリンピックは勝負を度外視し、お祭り騒ぎのイベントに徹してはどうかと思っています。


 スポーツ選手の全盛期は短く、ちょうどオリンピックの開催年に、ピークを迎えた人だけが、メダルを取れます。
 前年まで無敗を誇って、圧倒的な強さで世界選手権で3連覇したとしても、オリンピックで、風邪をひいたり交通事故を起こしたりしてメダルを取れなければ、それだけで評価が決まってしまいます。
 まるで、世界一を決めるはずの世界選手権が予選で、オリンピックだけが本番のようです。


 しかも、最近は、アメリカのテレビ局の都合で、開催時期と試合時間を決められており、選手は、ベストコンディションで大会に臨むことができません。

 真夏の東京で、オリンピックをやること自体、正気の沙汰とは思えません。

 今回の東京オリンピックで、真夏の東京が灼熱地獄の地だということが、世界中に知れ渡ってしまいました。

 次回、日本で夏のオリンピックを誘致するとしても、札幌くらいしか候補に残れないでしょう。


 種目も、視聴率を優先し、放っておいても人気があるものばかりです。
 サッカー、テニス、ゴルフなど、オリンピックで試合をしなくても、充分人気のある競技を増やし、地道な競技はどんどん外されていきます。

 そもそも、ゴルフやテニスは、世界一を決める大会が、年に4回もあります。
 4年に1回のオリンピックに比べて、チャンスは16倍です。
 そのうち1回でも、日本人が、ベスト4に入っただけで、大騒ぎです。

 チャンスは、64倍になってしまいます。


 一方、柔道などは、オリンピックで常に金メダルを期待され、銀メダルだと残念扱い、メダルを逃したりすると、気の毒なほど叩かれます。
 しかも、金メダルを取ったからといって、その後の生活が、保証されるわけでもありません。

 

 昔、ゴルフの上田桃子選手が、「プロのない、先のないスポーツを、どうしてそこまで頑張れるんだろう」と発言しましたが、決して間違っているとは思えません。

 勝っても負けても、儲かるのは建設業界やマスコミ、スポンサーなどばかりで、これも言うなれば、やりがい搾取の一種ではないかと、思ってしまうのでした。

www.j-cast.com