1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

貯金を増やすには、不便でも現金を

f:id:raku_inkyo:20220203202837j:plain

 過去のブログにも書きましたが、キャッシュレスにより、銀行からお金を降ろす手間不要になり、財布残金を気にせずに、買い物ができるようになりました。

chotiku.hatenablog.com

 便利ということは、お金使いやすいということです。


 逆に考えれば、現金を使っている方が、不便な分だけお金使いにくい、即ち、貯金が貯まりやすいということになります。

 

 

 どうしても、買わなければならない物を買うのは、現金でもキャッシュレスでも構いません。


 ですが、手持ちお金が充分なかったら、グレード一段下がるものを買ったり、余分オプションをつけなかったりするのではないでしょうか。


 キャッシュレスだと、この制約がありませんから、どうしても、気がつくとお金を使ってしまっているのです。

 

 

 これを裏付けデータも、あちこちに転がっています。

benesse.jp

 上の調査では、カードだと、現金1.7倍も、多く使ってしまうとあります。

 

 1.7倍ということは、70%増しです。


 実際消費では、ここまで無駄遣いをするとは思えませんが、抵抗感が少ない分、浪費に繋がるのは、間違いありません。

 

 

 キャッシュレス派の方々は、ポイントがつくからお得だと主張しますが、ポイントは、いくら貯まっても、3%くらいのもので、浪費額とは比較にならないほどの少なさす。

 

 浪費して、ポイントで取り戻すよりも、そもそも無駄お金使わないほうが、貯金が貯まるのは、当然のことです。

 

 

 もちろん、いずれは、キャッシュレス社会が来るのは、間違いないでしょう。

 

 ですが、それまでは、不便を忍んででも、なるべく現金を使っておいたほうが、無駄遣いをしなくてすむのは、間違いありません。