1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

FIREは、働かなくていい身分というわけじゃない。

f:id:raku_inkyo:20220112112144j:plain

president.jp この記事が、何か噛み合わないところは、67歳まで会社で懸命に働いてきて、定年か何かで、放り出された人を例にとって、若くしてFIREする人への、アドバイスにしているところです。


 どう考えても、この父親は、望まぬリタイアを強いられた人です。


 かつ、働かなくてもいいほどの、有り余るお金を持っています。


 FIREとは、まさに正反対です。


 例えば、宝くじ株の暴騰で、思いがけずに若くして富を手にした人なら、人生に退屈してしまうこともあるかもしれません。


 ですが、そうでもない限り、FIREを志して、しかも成功するような人は、こんな目には合わないでしょうから、安心していいのではと思います。

 


 そもそも、FIREする人は、会社を辞めた時点で、一生働かずにすむ資産を、得ているわけではありません


 会社を辞めてからが勝負で、貯めた資産を運用して、生活の糧を得るために、投資という仕事を永遠に続けていかなければならないのです。


 お金を、投資信託か何かに預ければ、何もせずに、数%の利益が出る時代ではありません。

 

 筆者の父親のように、何も考えずにのんびりするわけにはいきません

f:id:raku_inkyo:20220112112739j:plain

 また、この記事には、家事の話が、一切出てきません。


 恐らく、である女性に、すべて任せているのでしょう。


 もしかすると、何もやらせてもらえないのかもしれません。

 

 ですが、まずは、自分の部屋を掃除するところから、始めてはどうでしょう。


 掃除を嫌がる妻は、あまりいないと思います。


 少なくとも、午前中は、ビールのことなど考えている暇はない筈です。

 


 私も、60で小火(プチFIRE)しましたが、一日が、短くて困っています


 ネット興味のある記事を読んだり、を読んだりしていると、あっという間に時間が過ぎます。


 さらには、昔撮った写真や、溜まっている音楽ファイル整理だけでも、一仕事です。


 辞めてからずっとやっていますが、まだまだ終わりそうにありません

 

 私はやりませんが、SNSや、ゲームをやっていれば、一日はもっと短いのではないでしょうか。

 


 その点、やはり今の中高年男性は、仕事以外に何もすることがない生活を続けていただけに、会社を辞めてからが大変です。

 

 与えられた仕事しかしない環境にいると、いざ仕事を取り上げられたときに、新しいことを始めようとする気力がなくなっています。

 

 65歳を過ぎて、何か打ち込むものを探そうとしても、意欲がわかないし、体力もついてこないのです。


 下の本にあるように、遅くとも50代のうちに準備をしておかないと、何の楽しみもなくてビールに手が伸びそうになる、長い長い老後を過ごすことになりそうです。

publications.asahi.com