1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

結婚前に、お試し同棲で相手を見定めよう(後で、こんなはずじゃなかったと後悔しないために)

f:id:raku_inkyo:20220110153313j:plain

 現在、乗っている車を買うにあたり、候補が2車種ありました。

 

 は、ハイブリッドのAを、は、安全装備が評判でスポーツタイプのBを、購入したいと思っていたのです。

 

 どちらも乗ったことがなく、イメージだけで話をしていたので、決着が、つきそうにありませんでした。

 

 

 そこで、温泉旅行を計画したのを機に、レンタカーを借りて、長距離のドライブをしてみました。

 

 マイカーは持っていましたが、敢えて使わず、往路はA、復路はBと、別々の車を借りて、走ってみたのです。

 

 街中・山道・高速を、一通り走ることができたので、車の特性を、非常によく把握することができました。

 

 

 結果は、は最初はハイブリッド車特有の、癖に戸惑いましたが、慣れると非常に快適でした。

 

 対しては、少し大型スタイルはよかったのですが、私でさえもハンドルが重く、妻はもう、運転するのが嫌だというふうになっていました。

 

 結果、Aに絞って中古車を探すということにしました。

 

 

 時間に余裕を持って探したおかげで、走行距離が1万キロ未満の、フル装備に近い車を手に入れることができました。

 

 レンタカーを、2台も借りるのには、数万円が必要でしたが、百万円を越える買い物なので、それくらいは、必要経費だったと思っています。

 

 今でも、乗り心地には、かなり満足しています。

 

 世の中には、試乗もせずにカタログスペックだけを見て、車を予約する人もいるようです。

 

 そういう人は、大抵、前の車と同じ車種を購入するのだと思うのですが、やはり高い買い物は、お試しがあった方が、後悔は少ないのではと思います。

 

 

 で、実は、ここからが本題になります。

 

 人生で、最も大きな決断をしなければならないのが、就職と、結婚です。

 

 最近でこそ、どちらも、やり直しがきくようになってきましたが、それでも、特に離婚の方は、まだまだあまりいいイメージがありません

 

 離婚により、得るものと失うものを比べれば、大半の人は、失うものが多いでしょう。

 

 それでも、離婚件数は、年間20万組を越えています。

 

 この数年こそ横這いですが、戦後1945年から2005年頃までの60年間は、右肩上がりです。

toyokeizai.net それだけ、結婚に後悔する人が、多いということになります。

 

 

 数箇月から数年間、表面的につき合っただけの相手と、一生を暮らすというのは、かなり、リスキーです。

 

 楽しかった経験はあっても、苦しい時期を乗り越えられるかは、全く別物です。

 

 それを考えれば、結婚にも、お試し期間があってもいいのではと思うのは、私だけではないはずです。

 

 実際、結婚前に、お試し同棲をするカップルが増えているようで、なんと、専用の賃貸ルームまであるそうです。

 

www.sumyca.com

 

 実は、我が家でも、結婚式の3ヵ月ほど前から同棲を始めました。

 

 昭和時代としては、かなり画期的だったかもしれません。

 

 単に、引っ越しと新居の都合で、そうなっただけのことでしたが、一緒に住んでみると、それまでは考えもしなかった、相手の一面が見えてきます。

 

 もちろん、暴力・モラハラ・レスは論外として、よく確認すべきは、次のようなことでしょう。


1.口先だけでなく、家事を分担してくれるか。
2.実家の家族との関係はどうか、向こうの言いなりではなく、配偶者を優先してくれるか。
3.仕事・趣味に裂く、時間やお金はどうか、仕事や趣味に、没頭し過ぎてはいないか。
4.二人きりで同じ部屋にいて、気詰まりではないか。お互いに干渉し過ぎず、良好な関係が築けるか。
5.体調の悪いときやトラブル時の対応はどうか。

 

 

 男性は、結婚しても、さほど生活パターンや意識が変わらない人が多いようです。

 

 ですが、大抵の女性は、家事に費やす時間が一気に増えることになります。

 

 特に、共働きをしようという人であれば、男性に変わってもらわないと、とても女性の努力だけでは、やっていけません。

 

 人の目がうるさい地方では、まだまだ同棲は難しいようですが、都市部では、とやかく言う人は殆どいません

 

 結婚は、生活です。

 

 その人と、ずっと二人で生活できるかということを念頭に置いて、結婚前の、最後のチェックをしてみるというのは、悪くないと思いますよ。