1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

自動車くらいは、いつもニコニコ現金払い

f:id:raku_inkyo:20220110090643j:plain

 車を買うにあたり、大事なことがあります。

 それは、必ず現金で買い、ローンを利用しないことです。


 車は、買って終わりではありません。

 

 駐車場代が、都会なら月数万、地方でも1万を越えます。

 車検が2年で十数万、保険が年に数万です。

 

 その上に、使えば使うほど、ガソリン代がかかります。

 燃費が10km/L、ガソリンが150円/Lだと仮定すると、1キロ走るごとに15円、年間1万キロ走る人だと、毎年15万円が、ガソリンを燃やして消えます。

 ちなみに、ハイブリッド車なら、燃費が20km/Lくらいになりますが、その分、車体の価格が高く、年間1万キロくらいの乗り方では、元が取れないというのが定説になっています。

 ローンに加えて、そういった維持費がかかるという事実を無視すると、買っても、野晒しの駐車場に飾っておくだけが関の山、ということになってしまいます。

 

 はっきり言えば、ローンを組まないと買えないような車は、あなたの生活水準には、分不相応だということです。

 

 

  マイカーローンを、利用すべきでない、もう1つの理由は、その金利の異様な高さです。
 

 私は利用したことがないので、ネットで調べただけですが、銀行ローンが1%を切るこの低金利時代に、最低でも2.5%、下手をすると9%だそうです。
 

 そのうち、ディーラーが扱っているローンは、銀行などのローンに比べ、金利が高い代わりに、審査が早くて簡単というメリットがあるようです。
 

 金利が高いというのは、どういうことかといえば、顧客の信用がない(返せない危険性が高い)と、見られているということです。
 

 なので、銀行ではとても貸してくれないような顧客にも、ローンを組み、短期間で回収しようとしているのです。
 

 また、ディーラーの場合は、いざ顧客がローンが払えなくなっても、車を回収し、それをまた売るなどして、完全な取りっぱぐれをなくせるのかもしれません。
 
 

 余談ですが、以前に販売店が、値引きと引き換えに、数万円でいいのでローンを借りてほしいというような、申し出をしてきたことがあります。
 

 その分の金利も、負担するということなので、どういうことかよくわからなかったのですが、どうも、信販会社に対する実績を作る必要があるということのようです。
 

 そのあたりの事情は、よくわかりませんが、結局、他の販売店から購入したため、我が家では、利用しませんでした。
 

 

 車は、最も簡単に、自分のステータスを見せびらかす材料になりますので、少しでもいいものをと考える気持ちはわかります。
 

 ですが、それは、家計を危うくする行為と表裏一体であることを、常に頭の中に入れておかないと、後が大変になります。