1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

中古車は、意外にもお買い得

f:id:raku_inkyo:20220109085557j:plain

 一家に1台ではなく、1人に1台の自動車が、必要だとする地域も多いようです。
 
 とはいえ、車を複数台所有するというのは、コストの面から、かなり厳しいものがあります。
 
 地方では土地が安く家が広いので、駐車場代はそれほど負担にはならないかもしれませんが、車検や保険は、どこに住んでいても同じです。
 
 
 1つの選択肢としては、前述のカーシェアリングがあるでしょうが、どちらかというと都会に多く、まだまだ地方には進出していないようです。
 
 地方では、皆が車を持っているから、カーシェアリングの需要がないという、堂々巡りもあるかもしれません。
 
 
 もう1つの選択肢としては、中古車の購入を検討することです。
 
 日本人は、新品を好む人が極端に多い国民性を持っています。
 
 最近では、メルカリやヤフオクなど、中古を気にしない人も増えましたが、それでも大半の人は、やはり新品を第一選択肢にします。
 
 そのため、なかなか、中古市場が発達しません。
 
 
 その中で、自動車というのは、中古市場が非常にしっかりしている、数少ないものの一つです。
  
 中古車は、貧乏臭いというイメージがありますが、品質の変わらないものを、かなり安く買うことができます。
  
 誰が乗ったかわからないということで、嫌がる人が多いですが、ワンオーナー(過去の所有者が1人のみ)なら、それほど気にしなくてもいいかと思います。
  
 整備記録簿がちゃんとついていれば、過去の点検や故障も担保されていて安心ですし、禁煙車を指定することもできます。
 
 売る方は、ちゃんとクリーニングをしてくれますし、新車特有のプラスチックビニールの変な匂いもしませんから、かえって馴染みやすいという面もあります。


 また、車検が残っている車なら、試乗をすることができます。
 
 このメリットは、意外に大きいものです。
 
 

 実は、我が家では、新車を買ったのは1度だけで、あとは、すべて中古車を買っています。
 
 一度、奮発して新車を買ったものの、転勤で殆ど乗れなくなってしまい、安価で手放した経験がありました。
  
 元々、あまり走行距離が増えない車生活をしているため、これは、中古車で充分だという話になりました。
 
 
 ところで、中古車を買うルートには、新車を売っているディーラーの傘下にあるディーラー系トヨタとか日産とか)と、独立資本の独立系があります。
 
 車を見る目がないと自覚している我が家では、ディーラー系の中古車屋さんから、購入することにしています。
 
  独立系のディーラーよりも高くなりますが、1年間の保証がついていますし、やはり安心感が違います。
 
 
 今の車の前に買った車は、新車登録からまだ1年半ほどしかたっていなかったので、ディーラーの保証だけでなく、新車保証が1年半ついていました。
 

 走行距離は、1万キロそこそこでしたが、新モデルが出て人気がなくなった車種ということもあり、2桁万円で購入できました。
 
 10年間乗りましたが、あまり走行距離が多くないこともあり、パワーウィンドウが、片側壊れたくらいでした。
 
 修理費も、2万円ほどです。
 
 それよりも、もっと古くて走行距離が大きい車にも乗ってきましたが、これまでに、重大なトラブルは一度もありません。
 
 
 維持費の安さから、2台目は軽自動車という家庭も多いようですが、最近の軽自動車は、装備が充実している分、かなり高価なものになっています。
 
 加えて、セカンドカーという特性上、あまり走行距離が増えず、しかも維持費が安いことから、長年乗り続ける人が多くなります。


 結果として、なかなか中古市場に車が出ないため、中古価格も割高です。
 
 
 一方で、コンパクトカーと呼ばれる、排気量1~1.5Lクラスの車は、より頻繁に買い換えがあるため、中古車市場に出るものも多く、中古価格がかなり割安になっています。
 
 メーカーが、技術的に一番力を入れているのもこのクラスで、競争が激しいために、車としてのコストパフォーマンスも高くなっています。
 
 軽自動車の維持費が安いといっても、年間数万円の違いに過ぎません。
 
 
 維持費の安さだけに釣られて、軽自動車の新車を購入するよりも、中古のコンパクトカーを購入した方が、トータルでかえって安く上がることがあるというのは、覚えておいて損はないと思います。