1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

マンションは、中古に限る?

f:id:raku_inkyo:20220107100726p:plain

 住居の購入で、書き忘れていたことがありました。
 
 一軒家の場合は、好みもあるので難しいかもしれませんが、マンションの場合は、中古も選択肢になるかと思います。
 特に、どうしてもその土地に住みたいが、予算が厳しい場合などは、中古をじっくりと探すと、意外に希望に近い物件が見つかったりするものです。
 
 何しろ、日本人の場合、どうしても真新しい家に住みたいという欲求が強いため、新築マンションの価格は、かなり高めになっています。
 一方で、一度買ってしまったものを売ろうとすると、信じられないほど価格が下がってしまいます。
 
 それでも、マンションは自動車と同じで、中古市場が比較的活発なようです。
 中古のマンションを購入し、リフォーム/リノベーションすることで、かなり格安で綺麗な家が入手できます。
 
 しかも、自分の思いどおりの、間取りや設備にすることもできるようなので、新築で割高な分をそちらに回すことで、かえって住みやすい住居ができるかもしれません。
 
 リノベーション(リノベ)に関しては、最近いろいろな情報が出ていますので、ネットや本などで検討してみて下さい。
 私が面白いと思ったのは、次のような本でした。

www.futabasha.co.jp

www.diamond.co.jp さて、中古のマンションメリットは、価格だけではありません。
 新築によくあるトラブルが、かなり片付いているというところです。
 
 具体的に聞いたところでは、水道に濁りが混じっていたり、共用箇所の雨漏りがしたりといったことはざらで、構造に近いところにかなり問題がある物件もあるようでした。
 
 また、マンションは立地と管理を買うと言うように、管理が大事です。
 
 ちゃんとした管理会社に頼んでいるかとか、修繕積立金が適切な額であるかとかは、いろんなマンションを検討しておくと、だいたいわかってきます。
 建った頃から情報を集めておけば、悪い評判は、結構伝わってきますので、外れを引く危険性も減ります。
 
 ちなみに、中古のマンションの売買は、たいてい、中古専門の仲介業者が介在します。
 
 希望の場所に物件が出たら、購入希望者は、少しでも安く買いたいので、書いてあるよりも低めの価格で買えないかと、仲介業者に申し入れてみます。
 反対に売り主は、少しでも高い値で売りたいので、間違いなく、高めの価格を希望しています。
 
 買い手が自分1人だと、仲介業者を挟んで、価格交渉となります。
 物件に人気があって、買い手が複数いる場合には、オークションのように、少しでも売り主の希望価格に近い値を出した人が、買うことになります。
 
 尚、仲介業者は、どちらかと言えば、買い手の側に近い立場で、少しでも値を下げて早く契約が結ばれるように動くようです。
 マンションの価格が、百万円高く売れても、手数料は2~3%なので、業者に入る額は殆ど変わりがなく、それよりは、時間をかけずに次々売って、契約数を稼いだほうが儲かるからです。
 
 人気のある物件は、本当に、即座に申込が入るそうです。
 逆に、売り主が高い値段をつけすぎると、なかなか申込が入らず、業者も力をかけないので、いつまでも氷づけになってしまう危険性があるということでした。