1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

生命保険がやめられないのは、解約した途端、病気になるのではと思ってしまうから

f:id:raku_inkyo:20220106130647j:plain

 住宅費に次いで、人生で2番目に大きな出費が生命保険だというのは、最近になって知られるようになってきました。
 生命保険に関しては、日本人は必要以上にお金をかけ過ぎというのが、いろんなところで言われています。

toyokeizai.net 以前のエントリにも書きましたように、私は、殆ど保険に入らず、また運のいいことに、保険が必要な病気や怪我もしませんでした。

chotiku.hatenablog.com 一方、妻は、元々病気がちのために、それなりに保険に入っており、それまで払い込んだ保険料の元が取れるくらいは、戻ってきたらしいです。
 とはいえ、共働きをしていたので、たとえ保険金がなくても、全く困らなかったのは間違いありません。
 
 尚、保険を解約しにくい理由の一つに、「解約したら途端に病気になるのでは」という心理が働くというものがあります。
 これまで続けていたことをやめると、悪いことが起きるのではないかという心理を、現状維持バイアスというらしいです。
 確率では有り得ないのですが、変化を恐れる人間の心理というのは、なかなか理屈で割り切れるものではありませんね。
 
 実は私も、掛け捨ての癌保険に入っています。
 そろそろ解約しようかと検討しているのですが、なかなかやめられません。
 やはり、解約したとたんに癌になったら、それまでの払い込んだお金が無駄になると思うからです。
 
 それでも、いつでも解約できるように、銀行口座から自動引き落としにしていたのをストップし、向こうから請求が来るようにして、毎年検討するようにしています。
 
 何しろ、これまでは引き落としが終わった時点で、連絡が来ていました。
 普段は、癌保険のことなど、思い出しもしないので、やめようと思っても、1年分の払い込んだ保険料が無駄になってしまうからと、つい続けてしまっていたからです。
 
 ちなみに、掛け捨ての保険なのに、これまで一度も使わなかったせいか、解約したら払戻しがあるそうです。
 払い戻しの額を送ってもらいましたが、来年やめればいくら、再来年やめればいくらというのが、こと細かに決まっていることに驚きました。
 
 年齢と癌になる確率などを精密に計算して、様々な金額を決めているのだろうなと、感心させられた記憶があります。