1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

定年後再雇用は、茨の道

f:id:raku_inkyo:20211119135443j:plain



 本日は、別の原稿をアップするつもりでしたが、毎日新聞にタイムリーな記事が掲載されていたので、これを紹介します。

mainichi.jp

 記事の要点は、次の通りです。
●60歳で定年退職、のんびり年金生活という老後は、今は存在しない。
 今は、65歳にならないと、年金は、満額受け取れない。
 企業は、少なくとも65歳までは働けるように、制度を変更させられている。
 今後は70歳、さらに将来は75まで働くことを前提に、制度が変更されていく。

 

●働いている高齢者の割合は、
 60~64歳:70%以上
 65~69歳:50%
 70歳以上:17.7%
 現在でさえ、半分の人が、70歳まで働いている。
 但し、60歳以降に正社員で働いているのは、2割程度で、ほとんどが非正規雇用である。


 とまあ、これまでこのブログで書いてきたことを、裏付けるようなデータが出ています。

 仕事(或いは会社)が生きがいの人は、60歳を過ぎても長く働けて、かえって喜んでいるかもしれません。

 ですが、60歳以上の再雇用条件は、会社の胸一つです。


 会社の本音としては、現役時代の経験を生かして長く働いてほしいのは一部の人だけで、後は、全員辞めてほしいと思っているはずです。
 何しろ、上が詰まっていると、若い人を採用できません。


 なので、会社によっては、こういうことをして、65歳までに追い出そうとします。
・閑職に追いやって、給料を減額する。
・現場の仕事に、配置転換する。
・わざと、相性の悪かった昔の部下を、上司にする。
・非正規雇用にして、週3日だけの出勤にする。
・賞与は出ない。

mainichi.jp

 というわけで、自分を守るためにも、しっかり貯金をしておきましょう。
 貯金さえあればいつでも辞められる上、会社に対しても、強気で交渉することが可能です。
 再雇用となると、誰も守ってくれないのですから。