1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

5千7百万円でも安心できない

 前日の記事では、老後を余裕をもって暮らすには、5千7百万円が必要だという結論になってしまいました。2千万円問題どころではありません。

 ところが、5千7百万円あったからといって、決して安心できるわけではないのが、この問題の怖いところです。


 65歳で、目標額である5千7百万円を貯めて退職し、そこから年金生活に入ったとしましょう。30年間ゆとりのある生活を送るために、毎月16万円を補填していくと、あれほどあった貯金は、30年後にゼロになってしまいます。

 80歳くらいになれば、年間430万円も使わないとは思うかもしれませんが、今度は、夫婦のどちらかに介護の問題が発生してくるため、出費はそれほど減らない可能性が大です。

 

 定年後に貯金がなくなると、それを回復させるすべはありません。そこからは、年間240万円で、ずっと暮らしていかなければなりません。

 例えば、介護や老人ホームに入るための費用が、年間250万円かかったとすると、どうなるでしょう。年間10万円、月にわずか1万円以下の不足であっても、致命的です。

 

 長生きすればするほど、貯金額が減っていくのは、かなり神経に堪えるものです。いつまで生きられるのだろうというよりも、貯金がなくなるまでに死ねるだろうかという、哀しい余生になりかねません。

 もちろん、2億円程度の貯金があれば老後は安泰ですが、大多数のサラリーマンにとって、それは現実的ではありません。何しろ、生涯年収でさえ、3億円あるかないかなのですから。

 

 つまり、いくら貯金があっても、今の年金額では、老後を安心して生きることは難しいということです。