1億円貯めて、会社を辞めました。

【毎日極楽】いかにして1億円を貯金し、60歳からの早期リタイアの日々を幸せに過ごしているか

OL進化論に学ぶ

【主人公を探せ】表紙に見る、OL進化論の主人公の変遷

秋月りすさんの代表作と言えば、OL進化論で、私も、単行本を全巻持っています。 しばらく前から、単行本がなかなか出なくなり、39-42巻が、毎月連続して出版された後、また出なくなってしまいました。 ja.wikipedia.org あるとき、OL進化論の話をしていて、…

褒めるだけでも、人は動かじ

下の記事に、ちょっとした手伝いであっても、「ありがとう」とか「今日は疲れてたから助かった」と、感謝を示すことによって、夫の家事を促すというアイデアが出ています。 president.jp ですが、この手段は、本当に何もしない、低いレベルの夫にしか、使え…

家事を妻に丸投げする男は、男らしくない

data.wingarc.com 日本では、家事の負担が、極端に女性に片寄っていることは、以前から指摘されてきました。 実際、私の若い頃は、働いていようとも、家事のほぼ100%を女の人がやるのが当たり前でした。 私でさえ、家事は女性がやるもので、共働きをする…

寿退社は、古き良き昭和の遺物

先日、興味深いコラムを読みました。 www3.nhk.or.jp 「寿退社」という言葉は、今や死語になっているとのことです。 面白かったのが、若い人に、寿退社の意味を訊ねてみたところ、「定年まで勤め上げてめでたく退社すること」との回答があったとのことでした…

ゴミ出しくらいで、家事を語るな

下の調査によると、男がやっている(と主張する)家事は、次の通りだそうです。1位:ゴミ出し2位:(手で)食器を洗う3位:浴室の掃除それ以下:トイレの掃除、洗濯、部屋の掃除 https://www.planet-van.co.jp/pdf/fromplanet/fromplanet_111.pdf 堂々の…

まずは、ご飯を炊くところから

前日の記事のように、食事を温めることも嫌だという人は、最早手遅れかもしれませんが、そうでない方は、まだ見込みがあります。 食事を作ったことのない人が、始めることができない理由の1つは、どうしても完璧主義に陥るからだと思います。 ちゃんと炊け…

自分で食事を温めるのは、情けないとまでいう夫

家事の中でも、食事の支度というのは、最難関の一つだと、前に書きました。 chotiku.hatenablog.com それだけに、食事が作れるというのは、男として最大のポイントだと思います。 これからは、夫選びの、条件の1つになってくるのではとさえ、思っています。…

食器洗乾燥機 万歳!!

というわけで、私が片付けをすることは、ほぼ最初から決まっていました。 最初は、手で洗っていましたが、妻の強い推薦で、食器洗い乾燥機(食洗機)を買ったら、まさに感動ものでした。 何しろ、洗剤をつけて洗って、また水洗いをして、拭いて、乾くまで籠…

我が家の家事分担は、こんなふうだった(一部脚色有り?)

さて、食事の支度の大半を妻にお願いしている一方で、私がやっていたのは、その他大半の家事だと書きました。 ですが、やったやったと、偉そうにしているけれど、こいつは本当に、言うほど家事をやっていたのかという疑問もあるかと思います。 特に現代は、…

お礼も言えない男は……

うちの母親は、食事を作ってもらったら、「必ず美味しかった、有り難うと言いなさい」と、口を酸っぱくして言っていました。 どうも、うちの父親は、作ってもらっても何も言わなかったらしく、それが腹に据えかねていたようです。 父親は父親で、私に、「幸…

2億円を捨てるのか

唐突ですが、「OL進化論」という、マンガをご存知でしょうか。 講談社のモーニングという雑誌に、1989年から30年以上にわたって長期連載されている4コママンガで、単行本が42巻まで出ています。 ja.wikipedia.org その22巻のP108に、「結婚したら家…