1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

年金を増やして老後を安泰に

年金を、手取りの損得で考えること自体が、間違い

gendai.ismedia.jp タレントの森永卓郎氏が、年金の繰り下げ受給について、コラムを書いていました。 最近出版した新刊、「長生き地獄」という本の抜粋だそうです。 www.kadokawa.co.jp これまで私は、このブログで、年金をなるべく遅く、できることなら、7…

長生きを、罰ゲームにしないために

海外旅行やら散財など、景気のいい話が続きましたが、ちょっとシビアな記事を読んでしまったので、今回は、貯金と年金不足の話に、戻そうと思います。 president.jp 年金が少なく、不足分は貯金を切り崩して、少し高級な老人ホームに入っていた女性が、思っ…

年金制度が破綻するなんて、誰が言った?

ところで、一時、世の中では、年金はあてにならないという風潮がありました。 日本の少子化と、低い経済成長という状況を考えれば、近い将来、年金制度が破綻するというのです。 なので、国の年金はあてにせず(下手をすると、国民年金の保険料も納めず)、…

いくら収入を増やしても、年金は増えない

2021-11-01に、現役時代の収入が高いからといって、年金は思ったほどもらえないという話を書きました。 これに関して、次のような記事が、東洋経済オンラインに出ていたので、紹介します。 toyokeizai.net こちらでは、手取り給与が35万7千円のAさんと、…

年金を増やすための、冴えたやり方

貯金がない場合は、65歳を過ぎても働かなくてはならないという、かなり厳しい状況を補うための手段が、「2)共稼ぎ」です。 前述したように、妻が専業主婦の場合の、夫婦の平均的な年金受給額は、240万円でした。一方、女性の厚生年金の平均支給額は1…

貯金がなければ、働くしかない

では、すでに65歳の定年を間近に控えて、貯金がそれほどなく、共働きでさえない場合は、どうすればいいのでしょうか。 その場合は、65歳から年金の受給を開始し、年平均240万円という金額で一生我慢するか、或いは、何か職を探して働くことになります…

定年後、無収入の期間は貯金で過ごす

では、65歳で定年になり、繰り下げ受給をして70歳から年金をもらうとなると、5年間は、無収入になってしまいます。しかも無収入であっても、国保や固定資産税など、出て行くものはそれなりに出て行きます。 その5年間を、どうやって暮らせばいいのでし…

繰り下げ受給で、年金支給額を増やそう

それでは、まずは「1)年金を受給し始める時期を遅らせる」という手段について、説明します。ご存知の方は、読み飛ばして下さい。 年金というのは、標準的には65歳から受給開始ということになっていますが、65歳から受給しなければならないと、決まって…

年金を増やすための、2つの手段

実は、年金の受給額を増やすための手段は、2つあります。どちらも、後で詳しく説明します。 1)年金の繰り下げ受給 年金を受給し始める時期を遅らせることにより、月あたりの支給額を増やすことを、繰り下げ受給と呼びます。標準的な定年である、65歳か…