1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。

【毎日更新】ただのサラリーマンが、投資抜きで1億円を貯め、60歳で早期リタイアできたわけ。

いかに貯めるか

石川県能登町のイカのような、無駄遣いをなくして、豊かになる権利を取り戻そう

www.chunichi.co.jp 消費税分を貯金するのには、もう1つのメリットがあります。 消費税に限らず、我々は、住民税や所得税などの税金を取られていることを、常に意識するようになるということです。 政府が、消費税を税込の総額表記にさせたのは、常に消費税…

消費税率引き上げに備えて、その分を、貯金しよう

閑話休題。 ここで提案する消費税貯金というのは、買い物をするたび、消費税と同じだけの金額を、財布から貯金箱(或いは口座)に、入れるというものです。 1万円の買い物をして、千円の消費税を払ったとすると、その日のうちに、さらに千円を、財布から貯…

(怒)消費税は、法人税と所得税の減収分を補填するために導入されたのか?

企業の法人税率の推移 私の若い頃は、影も形もなかった消費税ですが、1989年に3%で導入されて以来、橋本内閣で5%に、安倍内閣で8%、さらに10%に引き上げられています。 ja.wikipedia.org 一方で、企業の法人税は、延々と下がり続けています。 www.m…

当然、日々の貯金も、しなくちゃいけない。でも、どうやって?

このブログのタイトルは、「1億円貯めて、60歳で会社を辞めました。」となっています。 横道にそれることもありますが、平サラリーマンだった私が、どうやって1億円を貯めたかを説明する内容が、メインとなっています。 1)天引き預金をして降ろさない…

生命保険の分を、貯金に回そう

大江英樹氏の記事は、保険に関する記載に関しても、なかなか的を射ています。 toyokeizai.net 実際、私もが現役時代には、ほとんど保険には入っていませんでした。 入っていたのは、掛け捨ての癌保険と、郵便局の簡易保険だけでした。 ですが、同期で入社し…

お金を貯めるための、たった一つの冴えたやり方

ファイナンシャルプランナー(FP)の、貯金に関する記事は、どうも的を射ていないものが多く、また、どうしても、節約と投資に話を持っていきがちです。 投資はFPの専門なので、詳しく話ができますし、投資によってマーケットが活性化すれば、自分のほう…

20代で1千万円、30代で2千万円

以上のように、私の場合は若い頃から、かなり頑張ってお金を貯めました。 結果、貯金が30前に、1千万円を越えました。 また、30代半ばで結婚する前には、2千万円ほどになっていました。 結果的には、積極的に貯金をしていたおかげで、老後の心配もなく…

実際に、いくら天引きしていたかというと

では、私の場合は、実際に、いくらくらいの貯金をしていたのでしょうか。 探してみたら、昔の給与明細を見つけることができました。 しかも、新入社員として入社した年度から、残っていました。 我ながら、よく取っておいたものだと思います。 尚、以下の金…

貯金目標額4千万円の場合の試算

例えば、定年時に必要な老後資金を、4千万円と仮定します。 これだけあれば、65歳で定年退職し、年金を繰り下げ受給する70歳までの5年間を、毎年5百万円で過ごしたとしても、70歳の時点で1千5百万円が残ります。 年に5百万円使えれば、多少は余…

降ろせない専用口座で、ひたすら貯める

さて、売り手が、お金をいかに使わせようかと知恵を絞っている中、こちらとしても、老後のために貯めたお金を守る「第2の仕組み」を構築して、対抗しなければなりません。 まず、最初にすべきことは、老後資金のための、専用口座を作ることです。 この専用…

ネットの魔力(お金を、使わせようとする側の仕組み)

そしてついに、ネット通販が登場しました。 これにより、消費が一気に拡大したのは、ご存知の通りです。 今や、店に出かけて買い物をするという、手間さえも省略されました。 スマホの登場により、いつでもどこでも、買い物が可能です。 買い物をするのにも…

分割払いもクレカも借金です(お金を、使わせようとする側の仕組み)

売り手側が、さらに消費者の買い物を増やそうとする試みは、止むところがありません。 立ち止まったら、自分たちが、倒れてしまうからです。 これまでた売り手は、いつでも現金が消費者の元に届くようにして、買い物への、物理的な障壁をなくしてきました。 …

貯める仕組みの次は、使わない仕組み

さほど苦労をせずに、確実にお金を貯める「第1の仕組み」として、天引き預金を紹介しました。 これで、このお金を使いさえしなければ、間違いなく貯金が可能です。 ですが、せっかく貯めた貯金なのに、ついつい使ってしまうのが、人の性です。 では、使って…

使ったら貯まらないのは、当たり前

さて、給与の中から、天引き預金をして、お金を貯めていったとしましょう。 何年間かしたら、通帳には、それなりの額が貯まっているはずです。 ところが、気がついてみると、なぜか思ったほど貯まっていないことが大半です。 それはなぜか。 簡単です。せっ…

天引きしないと、貯金なんてできるわけがない

ここまで、定年までにしっかり貯金をしておかないと、老後は間違いなくお金が足りなくなるという話をしてきました。 ここからは、我々夫婦が、どうやってお金を貯めてきたかを、具体的に説明していきます。 とはいっても、近頃流行りの投資信託など、特別な…

食費の節約は……

貯金のためには節約をしなければと、皆が思うところです。そして、まず手をつけるのが食費という方が多いでしょう。 確かに、食費というのは、毎日のようにお金を払うものであるため、これが減ると成果が目に見えます。そのため、一見効果が高く、「やった感…

1億円貯めた人は、そんなことしていない

少し横道にそれますが、ネットを見ると、「1億円貯めた人が必ず守っている、○つの習慣」とか、「絶対しない○つのこと」などという記事が出回っています。 ですが、それらのうち、私が実行したのは100に1つもありません。特に、運を呼ぶ財布とか風水とか…

実際にやったこと

では、私はどうやってお金を貯めたか。やったことは、次の2つだけです(最初の記事では3つと書きましたが、修正しました)。 1)給与の中から、毎月決まった額を天引き預金 天引き預金の額は、可処分所得がそれほど増えないように、毎年増やしていく。ボ…